ワキガとワキ汗を改善!「アロマティック・ボディ」

2010年10月29日

ワキガと縁を切ることが出来ました。

ワキガと縁を切ることが出来ました。

名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。
私は、2006年の2月にちょっとした不注意で、足に15針を縫うケガをしたのです。
そのキズは、骨の表面まで達しておりました。

幸い順調に縫合まで済んだのですが、どういう訳か傷口がなかなか治らないのです。

私は、キズが深いからだろうと軽く考えていたのですが、当時の外科医は気付い
ていたのです。

 
そして、ある日、
 
「舌間さん、ちょっと気になることがあるので、
血液検査をさせてくれませんか?」

私は少し不安になりましたが、「お願いします」と言うしかありません。

そして数日後、検査の結果が・・・

外科医は言います。
 

「う〜ん、舌間さん、私の思っていた通りですね・・・
糖尿病です、それも、かなりの重症です。
このままだと、足を切断しなければいけないかも知れませんよ。」

 
え〜 足切断・・

そして、私が糖尿病・・・どうして・・・


思い当たるとすれば、最近、小便(尿)に少し変な臭いを感じてはいたのですが、
これも糖尿病が原因だったのです。

 
私はビビリました。

「先生、私はどうしたらいいのですか?」

「とりあえず、舌間さん、少しでも血糖値を下げなくてはいけません。
私の知人に、国内でも 『NO.1』 と言われる糖尿病専門の先生を紹介しますので、
この紹介状を持って、今すぐにでも診てもらって下さい。」

 
私は、紹介状を握りしめ松葉杖をつきながら、その病院へと向かったのです・・・

私の頭の中は、足切断、足切断、傷口が治らなかったらどうしよう・・・
そのことだけが心配で、生きた心地がしなかったのです。


私は、病院の待合室で生きた心地がしませんでした。

「あ〜、なんてツイテない男だ。傷口が痛い、おまけに糖尿病」

そう考えていると
看護師の呼び声が、「次の方、舌間さんこちらへどうぞ」

あ、私の番だ・・・
私は、松葉杖をつきながら、恐る恐る病室へ・・・

そこには、短髪で色黒のがっしりしたDr.Nが椅子に座り、
デスクの上の資料を真剣な様子でのぞきこんでいます。

おそらく、私の血液検査のデーターに間違いない・・・
Dr.Nは、私の顔も見ずに落ち着いた低い声で

「どうぞ、そちらにお座り下さい」と手で椅子を指します。

私は椅子に座り、Dr.Nの横顔をただ不安そうに見つめること1分弱・・沈黙


そして静かに、Dr.Nは私の方に顔を向けながら・・・

「大変でしたね、傷口は痛みますか?」とニッコリと微笑んでくれたのです。

色黒でがっしりとしたイメージとは正反対で、
それは、それは優しい笑顔だったのです。


私の精神状態もあったとは思いますが、

Dr.Nのその笑顔が、
仏様のような笑顔に見えたのです。

私はその時、確信することができたのです。
この先生なら、大丈夫だと・・・


その日から私は、Dr.Nの指導を忠実に実践いたしました。

そして、心配だった足の傷も無事に完治することができたのです。

おまけに、身長163cmで72kgあった体重が67kgに、
ウエスト87cmが82cmまでになり、ダイエットにもなったのです。

さらに今では、体重59kg、ウエスト73cmにまで落ち、
今でいうメダボリックまでも克服することができたのです。


私は週一回、Dr.Nのところにへ通院していたある日のこと、
Dr.Nに聞かれたのです。

「舌間さん、最近、尿の臭いはどうですか?」

私も感じていた事なのですが・・・そうなんです。
尿に以前のようなあの独特な臭いが、ほとんどなくなっていたのです。

そして、Dr.Nは

「う〜ん、血糖値も落ち着いているし順調ですよ」と・・・

私は、この時 「 臭い 」 という言葉に、敏感に反応してしまったのです。
私を苦しめていた、あの「ワキガ」のことを・・・

そこで、思い切って聞いてみたのです。

「先生、私ワキガなんですが、何か治す方法ありませんか?」


Dr.Nは、いつもの優しい笑顔で言ってくれたのです。

「あ、そうだったんですか、でも今やっていることでワキガも克服できますよ!
もしかしたら、もう、臭いはしないんじゃないですか?」

「えっ、先生本当ですか・・・」

私は、ここ1ヶ月間、足のケガと糖尿病のことで、頭がいっぱいだったせいで、
あのワキガのことを忘れていたのです。


恥も外聞もなく私は先生の前で、右脇、クンクン、左脇、クンクン。
あ、臭わない、何度もクンクン、クンクン、臭わない。

「先生、臭いません、臭わないです。」

28年間苦しめられた、ワキガ臭が消えている。

「先生、どうしてですか?」

Dr.Nは、私に言ってくれました。

「舌間さん、私たちの体で一番大切で基本となるのは、血液なんです。
 病気をするのも、治すのも血液が大半なんです。
 つまり、体質を改善ができた事でワキガも克服できたのです。」


私が無意識のうちに、あのワキガ臭がいつのまにか、
私の体から消えていたことに気付いたのは・・・

忘れもしません。

2006年の6月15日木曜日のことだったのです。



2006年の10月7日 午前10時ごろのことです。

私の親友から、一本の電話が入ったのです。


友人 「舌間、ちょっと相談があるったい」・・・(博多弁)
私  「どげんしたとや・・」
友人 「俺の娘のK子が、ちょっとしたことがあって、学校休んどるとよ・・
   その事で、おまえに相談があるんやけど」
私  「解った、じゃあ今日の8時にいつものとこで待っとるけん」


不登校という話は、日常的にもよくある話なのですが、問題はその原因です。

なんと、友達から


「Kちゃん、ワキガじゃない?
 ちょっと臭い」・・と言われたそうです。

それ以来、学校を休んでいると言うではありませんか。

Kちゃんはワキガ体質だったのです。


彼は、私が以前ワキガで悩んでいたことを知っている唯一の親友だったので、
相談しやすかったのでしょう。


私は、自分が中学2年の夏に女性先輩から言われた、

「舌間くん、臭い」を思い出していました。


そして私は、



私は一言、 「よし、俺に任せろ」

私は、私自身がワキガを克服した方法を伝え、早速実行するよう話しました。


そして1ヶ月後、Kちゃんはワキガを克服する事ができたのです。


私はこの時思ったのです。

もしかしたら、私やKちゃんのようにワキガで悩んでいる人が、
たくさんおられるのではないかと・・・

この事がキッカケとなり、
マニュアルを制作することを決意したのです。
名医が教えてくれた”わきが”克服法!高額な費用をかけて手術などする必要はありません。



90日でブサイクがかわいい女を落とす方法
好きな人と結婚するため恋愛成功プログラム
城咲仁のモテる男養成講座


posted by わきが克服 at 06:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
楽して、おいしいものゲットしよう!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。